So-net無料ブログ作成

『 WEST SIDE STORY 』㏌ STAGE AROUND [ミュージカル]

『 WEST SIDE STORY 』㏌ STAGE AROUND
8月23日(金)『ウエスト・サイド・ストーリー』観劇。(以下『WSS』)
『WSS』は、1957年9月ブロードウェイ(ウィンター・ガーデン劇場)で初演、その後映画化され日本(1961年)でもロードショー公開され大ヒット。
『WSS』の日本初演は1964年1月、日生劇場が招聘公演(オリジナル・キャスト)として行われた。
また劇団四季が1974年に『WSS』を初演、現在では劇団四季の主要なレパートリーになっていることはご存じのことでしょう。2007年の公演を何度も観た記憶が戻ってきた。阿久津陽一郎(トニー)、加藤敬二(ベルナルド)、笠松はる(マリア)、樋口麻美(アニタ)他、メンバーでの舞台を思い出しながら客席で開演を待った。
さて、今回の『WSS』公演は、ご存じ劇団新感線が杮落し公演を行った客席が回転する劇場。デイヴィッド・セイント新演出によって上演された『WSS』は、最新テクノロジーを上手く使用し、映像技術も頻繁に取り入れて観客を魅了。舞台はニューヨークの密集住居区を丁寧に再現、舞台空間を広めに使いムーズに転換され、新しい作品として出来上がっていた。ダンスシーンの見どころが多く、楽しめる作品だ。(カーテンコールだけは、写真撮影がOKでした)

IMG_2424.JPG
IMG_2425.JPG
IMG_2443.JPG
IMG_2449.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

日本照明家協会賞|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます